Lesson2:カーブキックを上達させるためには

最終更新: 5月21日

筑波大学教授 工学博士 の浅井武先生にご協力いただき、「ボールの中心をとらえることが、球技のパフォーマンス向上において、いかに大事か」の解説をしていただきました。

全4回シリーズでお届けします。

Lesson1:サッカーのボールテクニックを高めるために重要なこととは>>


Lesson2 カーブキックを上達させるためには

<文字起こし(一部補正)>

サッカーでは、

・インステップキック

・インサイドキック

・カーブキック

・ナックルボール


色々なキックがあります。


その中でもよく用いられるのはカーブキックといってボールにスピンをかけて曲げるキックです。カーブキックは多くの場合、中心を蹴るわけではなくて、そこから1~3cm離れたところを蹴って(モーメントという)、回転力を与えてスピンさせて飛ばします。


そうゆう時にも、技術としてボールの中心をずらしますが、やはり、運動感覚としたらボールの中心=重心をしっかり知っておくことが大事です。


例えば後ろからみた映像にしますと、真ん中をよりすこし離して蹴るとこちらに進む。右側に離して蹴ればこちらがわにスピンがかかります。インフロントキックで少しずらして蹴ると、そのままスピンしてカーブしていきます。


色々なカーブ技術も、この重心からどれだけ離すか、どこを蹴るか、どう蹴るかで横回転、縦回転、色々混ざって、色々なスピンがおきるわけです。


重心をしっかり把握しておくこと、しっかり知っておくことが、その色々なスピンがおこる多様な技術の源になるんです。重心をしっかり把握しておくことが、カーブ技術においても非常に重要になってくるということが言えると思います。


浅井武(あさい たけし)氏 プロフィール

筑波大学大学院人間総合科学研究科教授。工学博士。ヒューマン・ハイ・パフォーマンス先端研究センター(ARIHHP)(専任)、スポーツイノベーション開発研究センター長。

研究分野はスポーツバイオメカニクス、スポーツ工学。日本人スポーツ研究者としては、はじめて国際物理科学雑誌『Physics World』に論文が掲載。モーションアナリストとして、また名門・筑波大蹴球部の総監督を経て顧問、筑波大学女子サッカー部の顧問も勤める。多方面で活躍するキック研究の第一人者。


【関連記事】

・キックをベースに新たな研究にも挑戦を 浅井 武(筑波大学 体育系 工学博士)

・キック研究の第一人者が5種類のキックを使い分ける方法を一挙公開<インサイド&アウトサイド、インステップ、インフロント&アウトフロント>


【NEXT】

Lesson3:ボールの芯を捉えるためには>>

78回の閲覧
  • Facebook Social Icon
  • Instagram