愛知県名古屋市天白区植田東2-902 シャングリラ101

​090-7433-6336

筑波大学浅井教授による1分半講座

最終更新: 2019年12月19日

筑波大学教授 工学博士 の浅井武先生にご協力いただき、「ボールの中心をとらえることが、球技のパフォーマンス向上において、いかに大事か」の解説をしていただきました。

全4回シリーズでお届けします。


Lesson1 サッカーのボールテクニックを高めるために重要なこととは

<文字起こし(一部補正)>


サッカーのボールテクニックでは

① キックやヘディングなどのボールを飛ばす技術

② ドリブルなどのボールを運ぶ技術

③ トラップなどのボールを受ける技術

④ タックルなどのボールを奪う技術


いずれの技術にしてもボールの中心を捉える、中心を把握することがとても重要で、それが基本になります。


ボールの中心とは物理的には重心です。どこにあるのかというと、ボールの真ん中にあります。どこかからみてもボールの真ん中、空気が入っているところの中心が重心です。だから表面でいくらここが中心だといっても、そこは指し示す場所であって、重心はボールの真ん中にあります


インステップキックや色々な蹴り方をしたとしても、最終的にボールの真ん中=重心にどういう力が働くのか、ということが非常に重要です。


足の重心とボールの重心がしっかりミートしたときに速くて強いボールが飛びます。

ですから、そういう意味でもボールの中心=物理的な重心をしっかり把握しておくことが重要です。


浅井武(あさい たけし)氏 プロフィール

筑波大学大学院人間総合科学研究科教授。工学博士。ヒューマン・ハイ・パフォーマンス先端研究センター(ARIHHP)(専任)、スポーツイノベーション開発研究センター長。

研究分野はスポーツバイオメカニクス、スポーツ工学。日本人スポーツ研究者としては、はじめて国際物理科学雑誌『Physics World』に論文が掲載。モーションアナリストとして、また名門・筑波大蹴球部の総監督を経て顧問、筑波大学女子サッカー部の顧問も勤める。多方面で活躍するキック研究の第一人者。


【関連記事】

・キックをベースに新たな研究にも挑戦を 浅井 武(筑波大学 体育系 工学博士)

・キック研究の第一人者が5種類のキックを使い分ける方法を一挙公開<インサイド&アウトサイド、インステップ、インフロント&アウトフロント>


【NEXT】

Lesson2:カーブキックを上達させるためには>>

125回の閲覧
  • Facebook Social Icon
  • Instagram