愛知県名古屋市天白区植田東2-902 シャングリラ101

​090-7433-6336

  ABOUT  

ボールの芯を捉える練習で

​サッカーは劇的に上手くなる

ボールコントロール技術で最も重要なのはボールの芯を捉え、外すことができること

ボールは中心を蹴ると低音が響き、無回転かつ速い弾道でまっすぐ飛びます。中心からずらして蹴ると高音が響き、ボールが回転しカーブがかかります。

つまり、ボールの芯(中心)を正確に感知することによって、あらゆるパスやシュートが蹴れるようになるのです

「サッカーや野球などの球技では、プレーヤーに正確無比なボールコントロールの技術が要求されます。そうした場合、直接手を触れることも、見ることもできないボールの中心にある重心や、ボールに働いている重力などを正確に感知していなければ、正確なボールコントロールは絶対にできません。(中略)ハイレベルなボールコントロールを可能にするためには、信じられないほど微妙にコントロールし続けている身体の重心と同じように、ボールの重心位置や重心変化を感じ取ることが必要なはずです。」

​(参照:「究極の身体」高岡英夫著/講談社)

一流のプレイヤーほど​捉えているボールの芯は小さい。

サッカーボールよりも小さなボールでリフティングの練習をすることがあります。これは、小さなボールの方が表面積が小さいため、ボールを捉えるのが難しいから。一流のプレイヤーになればなるほど、小さなボールを使って思い通りのボールコントロールが可能です。

しかし、いきなり小さなボールを使って練習をしてもうまくいきません。

hinomarc.®(ヒのマール)は上級者レベルのボールの芯の小ささを意識させながらも、表面積は一般のサッカーボール(3号球)と同じ大きさのため、イメージトレーニングと実トレーニングを同時に実現します。

ボールの芯を視覚的に捉え、自然に意識できる。

ボールの芯を意識しながら練習をしようとしても、一般的なボールを使用すると目はボール全体を捉えてしまいがち。

hinomarc.®は全体が透明なため、中心球に自然と目がいき、ボールの芯を無意識的に意識できるようになります。hinomarc.®を使った練習を続けることによって、一般的なボールを使用した際にもボールの芯をイメージできるようになることが期待できます。

一般的なボール

hinomarc.®

コーチは子どもに指導しやすくなり、

​サッカーが苦手な親は名コーチになる。

子どもたちに「ボールの芯」を意識して練習させる時、hinomarc.®であれば、「真ん中にある小さなボールを見て練習しなさい」と、簡単かつ明確に指導することができます。

コーチが子どもたちに「ボールの真ん中を蹴りなさい」と伝える時、ボールの空気穴を真ん中として教えることがあります。しかし、それは“ボールの表面の中央”であり、”ボールの中にある芯”ではありません。

ボールの芯を意識できるようになることがボールコントロール上達への近道です。

また、球技が苦手だったり、サッカーをしたことがないお父さん・お母さんであっても、hinomarc.®を使えば「ボールの芯を捉える」というたった一つの重要なアドバイスを簡単にしてあげられます。

動画や写真を撮って、hinomarc.®の中心球をきちんととらえられているかご自宅で確認することもでき、子どもとのコミュニケーションの時間が増えます。

あらゆる球技に応用できる。

​「ボールの芯を捉える練習が簡単にできる」というhinomarc.®最大の特長は、あらゆる球技に応用が可能です。

現状のhinomarc.®を使ってバレーボールの練習もできるし、素材や構造を進化させることで野球やバスケットボール、ゴルフなどのボールへと応用できます。今後は芯の見えるゴルフボールの開発への着手と、サッカー公式球に近い質感・重さのhinomarc.®開発を目指していきます。

大好きなキャラクターを入れてもっとボールとトモダチになれる

hinomarc.®の中心球は入れ替え自由。自分が大好きなキャラクターが中心にあることによって、それに手を伸ばそうと、子どもたちはより鮮明にボールの芯を意識してボールに触れるようになります。

​いつも大好きなキャラクターと一緒にいることで、よりボールと友達になれます。

  • Facebook Social Icon
  • Instagram