何故、ヒノマールをつくるのか・・・

最終更新: 2019年12月17日


芯の見える透明ボール『hinomarc.(ヒノマール)』の着想から約20年、本格的に開発を始めて約9年・・・そして昨年の販売開始から今に至る年月には山あり谷あり沢山の物語がある。

何か見えない大きなチカラに突き動かせられてここまで辿り着いた。

その中で、沢山のご協力者方のお陰でヒノマールはカタチとなり、そして昨年からようやく販売を開始することができた。

全ては初めての経験の連続・・・なんとか歩いている。

愛と感謝の気持ちを込めて、これまでの物語をブログで発信していこうと思う。


多くの方々からお寄せいただいている通り、現状のヒノマールは已然として耐久性改善の余地があり、ご使用者の期待と満足度を向上させる現状ボールの進化が急務である。


そして、どのくらい時間がかかるか分からないけれど、そもそも20年前の目標である公式級に近いクオリティーのヒノマールをいつの日か完成させる必要がある。


目標をより明確にし達成させる為にも、今まで貯め込んだ経験や想いをアウトプットする必要があり、このタイミングだと思う。


#芯を捉える

#サッカー上達

#サッカートレーニング

#サッカーコーチ

#芯が見える透明ボール



86回の閲覧
  • Facebook Social Icon
  • Instagram