【利用者の声】練習後に動きが安定するようです。

最終更新: 2019年1月28日

宮城県 男性より。


大学生、大人(サッカー初心者)、小学3年生(初心者)に試してもらいました。


大学生と大人は、足でのリフティングや手での打ち合い(バレーボール)で、“芯の見えるボール”を使った練習後に、蹴ったり打ったりする動きが安定するようです


初心者の子供の場合、“芯の見えるボール”でリフティングする時は目で芯を追えますが、普通のボールに戻ると[すぐには]普通のボールの芯をイメージするのは難しいようです。 「4〜5回リフティングができて、そこから伸びない」という子で試して違いが何かあるかどうかというところです。


それから、大学生と大人からは「軽い」という感想があったので、中心にゴルフボールを入れてみたところ、目で芯を捉えることに加え、「足の甲に当たった」という体感もできるのでやりやすいとのことでした。

57回の閲覧

最新記事

すべて表示

親も息子もメリットがある室内練習

愛知県M様より <親の感想> 室内でうるさくなく、運動ができる利点を感じました。 息子がTV観ながらや、ゲームの合間、サッカーのリフティング上達という目的はもちろんですが、軽い室内運動として最適!だと親目線の感想 <息子の感想> サッカーは週1の遊び感覚でしかやっていないが、足を使った球遊び的な感じで、サッカーが好きになってきた。 軽いが、芯をとらえているので、技術がない自分でも比較的簡単にリフテ

【利用者の声】リフティングの伸び悩みが解消されてやりがいが出てきました。

東京都 K様 さまより。 「 うちの小学2年生の子供はリフティング50回前後で伸び悩んでいたのが、 ヒノマールを使って練習するのが楽しいようで先週家で黙々とやっており、週末には通常のボールで80回まで伸びて本人もやりがいをもって取り組んでます。 強い衝撃には十分に気をつけて、ヒノマールで感覚を覚えさせられればと思います。 」 ヒノマールはビーチボールと同じ素材でできていて、強い衝撃には弱いので、ど

  • Facebook Social Icon
  • Instagram